ロゴデザイン

デザインの答えはお客様の中にあります

デザインの答えはお客様の中にあります

ロゴをデザインすることはアーティストのようにアート作品ではなく、企業やお店のイメージを作る作業になります。横文字にするとCI(コーポレート・アイデンティティ)やVI(ビジュアル・アイデンティティ)と呼ばれるものですが、「なぜロゴが必要なのか?」という背景と「どういうイメージのロゴが必要なのか?」という目的を聞き取り、理解することがデザインにつながります。

数を用意する


お客様のイメージをお聞きした上で、標準的なもの、お客様の意図を解釈したもの、全く頭にない発想のものなど、数パターンを仮定してデザインを用意します。その中から近いものを選択いただき、更に数パターンを用意とを繰り返し、お客様の目的にあったデザインを発見していただきます。デザイナーの気にいる案と違ったデザインを気にいる場合もございますが、答えはお客様の中にありますので、それが正解となります。そこにデザイナーの気持ちを入れてはならず、どの案も平等にご説明いたします。

独自の発想

アーティストではございませんので、できたデザインはお客様の頭の中にあったものであり、デザイナーは技術をお貸ししただけにすぎません。お客様とデザインの通訳のようなものです。お客様の意図を理解し、私ども独自の発想によってデザインできるかが、他デザイナーとの差別化になります。